×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

退職届けの書き方とサンプル

退職届けの書き方を紹介したいと思います、まずサンプルや書き方見本ならびにどんな封筒で出せばいいのかまた、退職届けは縦書きでなければいけないのか、また会社都合での退職の場合退職届けを出さなくてはいけないのかそして、パートやバイトで採用の場合も退職届を書いた方がいいのかを検証してみたいと思います。

退職届けの書き方サンプル(例文)と封筒の表書き

退職届けの書き方は基本的にはシンプルです、もっともご存じの通りいきなり上司への退職届けの提出は基本的にはありませんね、あくまでも今後を考えれば、無用なトラブル起こさないためにも前もって上司には話を付け、了解のもとでの退職届というのが社会通念ですから、基本的には「一身上の都合により退職いたします」が基本す、また同時に封筒に入れ表書きの書き方は「退職届」とし「け」は入れてはいけません、また会社で使うような茶封筒ではいけません、白地で万年筆等を試用してください、下記に書き方の見本を縦書きに考えて使ってください、また退職届けは会社都合での退職の場合は特別書く必要はなく、あくまでも自己都合の場合と考えてください。また、パートやバイトのような雇用体系の場合法的根拠はありませんので、会社との話し合いで特別書かないでもいいかもしれませんが、よく会社と相談する必要がありますね。

退職届けの書き方見本

 退職願

一身上の都合により来る平成○○年三月三十一日をもって退社したく、ここにお願い申しあげます。

平成○○年二月十日

営業部第一課 杉田○○ 印

○○物産株式会社

代表取締役社長 東京次郎 殿